#愛か安定か...恋愛モードになれないアラサー女

こんばんは。久しぶりの更新となりましたが、わたしは元気に毎日過ごしてます☆

 

さて、本題ですが...

9月の上旬に会社の同僚から「arabelに合う人がいるの!」と紹介していただいた男性(以後、Rさん)のお話です。

 

Rさんのバックグラウンド

・東京出身

・帰国子女

外資系コンサル

・父親が某金融機関の専務

 

大学は身バレもあるので、早慶のどちらかということで。

 

Rさんの印象は、柔らかい雰囲気を持ちつつも、芯はしっかりしている頭の回転が速い人。みんなでお食事をした後に、「今度2人でご飯に行こう」と誘っていただきました。なので、数日後に行ってきました!!!その後、結婚を見据えてお付き合いしてください。と告白されました。

 

でも結論から言うと...

好きにはならないかも...なんていうか...わたしに興味ある?ってことが多かった。

 

その理由

1.わたしへの質問がほぼない!&答えたのに覚えられてない

「それこの前も話したよ~」って言うと「ごめんごめん!」と謝ってくれるけどさ...何だか多くないかな?って感じ。わたしの仕事の内容も全然覚えてなかったもん。ちょっと空気読めないところあるからっていう事前情報は聞いてたけど、結構じゃないかな?!ww

 

2.わたしとの会話が同僚に筒抜け

LINEの内容から近況報告まで細かくバレてた...高校生じゃないんだし、恋愛相談を同僚にし続けてるところが引っ掛かり、今後お付き合いをしても色々報告されてしまうのではないのかな?と不安に思いました。お喋りな男性は苦手なので、ちょっとなーって。

 

3.返信してないのに追LINEがたくさん来る

正直これが一番きつかった。未読だといいけど、既読をつけて返信しないと数時間後に別の話題のLINEが来る。急かされてる気持ちになってつらかったです。彼氏なら全然いいけど、好きになるかどうかの段階で、押されると引いてしまう。。

しんどくなって、同僚へお断りの連絡をしました。なので、鬼のLINEは一旦落ち着きました。紹介されてる身なので、恋愛ありきで始まるのは仕方ないですが、友達からスタートできて、それから好きになれたらいいなって思ってます。Rさんが、それでいいと言ってくれたらですが...

 

 

 小さい頃から、「女の幸せは旦那で決まる」と刷り込まれてきました。我が家でいう「女の幸せ=お金を稼ぐ旦那」です。わたしは、自分が働くようになって、この方程式は正直正しいのかな?って思うこともあります。でもね、周りで結婚した友人を見てると、少しでもお金に余裕があった方がいいんだなって思うこともあります。相手に頼り切りもダメだけど、きっと頼りたいときもあるよねって。

 

実はわたし、25歳の時に婚約破棄を経験してます。親の呪いに反発することができなくて、凄く好きだったのに幸せになれないと思い込んでお別れしました。その当時、彼には本当に申し訳ないことをしたと悔やんでも悔やみきれずにいました。彼からの「arabelが幸せになれるなら身を引くね」の最後の言葉が忘れられません。あれから4年経ち、別の人とお付き合いしたけど、やっぱり彼のことが忘れられません。20代も残りわずかなので、後悔しないように今後を決めたいと思い、来月ずっと会いたかった元彼に会いにいきます。何か変わるわけでもないけど、心の整理したいと思います。